ライフクリニックの特徴

1)子供からお年寄りまで安心を

地域のかかりつけ医として土曜・祝日も開院。
日常的な診療に対応しています。

診療科目
 
[一般外来]
内科・精神科・リハビリテーション科・歯科
入院:一般病棟19床
[専門外来]
もの忘れ外来(要予約)・パーキンソン外来(要予約)
リハビリ
…通所リハビリ・訪問リハビリ
デイケア
…にこにこデイケア・認知症デイケア

2)総合病院がバックアップ

当クリニックでは・・・メディカルシティ東部病院・・・との提携をしています。
http://www.medicalcity.jp/

3)ご予約はお電話で

ご予約、お問い合わせは、お電話でどうぞ。

0986-39-2525 電話をかける

もの忘れ外来

医師紹介

豊栄加齢研究所最高顧問
常勤医師

山田達夫

略歴

昭和49年 東京医科歯科大学医学部卒
昭和53年~平成08年千葉大学神経内科
平成09年~平成23年福岡大学医学部神経内科学教室教授
平成25年 順天堂大学医学部客員教授

認知症やパーキンソン病の治療·研究を専門とし、TV番組「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」「夢の扉+」「ためしてガッテン」や新聞等多数のメディアにも登場しています。

「忘れっぽくなった」と感じることはありませんか?

『認知症は早期発見、早期治療が大切です』

もの忘れは誰でも経験のあることですが高齢になるとその数が多くなってきます。大部分は老年性の自然な老化現象ですが、アルツハイマー認知症などの病気のために出現するものもあります。当院では、軽いもの忘れのご相談や重度の認知症の患者様まで、専門の医師が診察させていただきます。また、在宅で介護をされるご家族様や一人暮らしの方々に医師、精神保健福祉士、看護師、作業療法士などの専門スタッフが連携して安心・安全な生活をしていただくために、心身機能の維持や問題行動の改善を図る医療認知症デイケアを提供いたしております。日常生活で何かお気付きのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

認知度チェック

「もしかしたら認知症が始まったのではないか?」 と感じられた方は早めの受診をおすすめします。

□ 同じことを何度も言ったり、聞いたりする
□ ものの名前が出てこなくなった
□ 置き忘れや、しまい忘れが目立つ
□ 時間や場所の感覚が不確かになった
□ 病院からもらった薬の管理が出来ない
□ 以前はあった関心や興味が失われた

リハビリテーション科

医師の指示のもと加齢や病気などにより低下した身体機能をリハビリにより身体機能の維持・向上させるとともに、日常生活の自立支援を目的とした介護保険サービスです。食事や入浴などの日常生活の支援や生活機能向上のための機能を訓練、口腔機能向上を日帰りでご提供いたします。

理学療法士

加齢や病気、事故の回復のために基本的動作能力の向上を図ります。
運動療法、電気刺激、温熱、ホットパックなどの物理療法を行います。

こんな方にオススメ  主に歩くのが大変な方・腰や膝に痛みがある方

作業療法士

身体または精神の機能低下がみられる方に対し、手芸・工作などの作業を通じて、心身機能の回復を図ります。日常生活の諸動作の自立を促す手助けをします。

こんな方にオススメ  ご自宅での生活でやりにくい事がある方・肩などに痛みがある方

言語聴覚士

失語症や麻痺性構音障害、難聴の言語障害などに言語治療を行います。摂食・嚥下障害に対する治療もSTを中心に医師・看護師・管理栄養士と連携して行います。

こんな方にオススメ  言葉がでにくい方・ご飯を飲み込むのが大変な方